どれぐらいの費用になるのか

ヘッドホン

ビジネスをしている時には、顧客との関係が重要になります。その中で、お客さんから商品やサービスの予約電話が入ることも少なくないでしょう。この時、自分たちで予約を承ることもできますが、その分仕事量が増えてしまうため予約だけほかの業者にやってもらうことが可能です。これを予約受付代行といいますが、この時に必要な準備としてはまず費用をよく確認しておくことです。費用がどれぐらいになるかにより、損益分岐点が明確になり結果的に利用できるかどうかが変わってくるところです。ある程度規模が大きな会社やこれから規模が大きくなる場合には、積極的に予約受付代行システムを利用した方がよいでしょう。その結果、従業員が自分たちの仕事に集中することが可能になるからです。

サービス内容を見ておく

これから予約受付代行を利用しようと考えている場合には、その特徴を理解しておくとよいでしょう。予約受付代行の会社によっては、電話サービスのところもありますが、同時にインターネットサービスが利用できるところも少なくありません。電話サービスとは、コールセンターと同じで電話番号が設定されており、お客さんがその電話番号にかけると予約受付代行業者のスタッフがそのお客さんの電話に対応してくれる仕組みです。これに対して、インターネットの申し込みの場合にはインターネットの予約システムを借りることで自動的に予約が入るようになっています。もちろんコールセンターの予約システムと連動しており、予約が被ることはまずありません。

時間帯や人数を選べる

もう一つの予約受付代行システムを利用する場合の特徴は、時間帯を選ぶことができる点です。一般的には、午前中の9:00から夕方の5:00ぐらいまでの間コールセンターがオープンしており、そのあいだに選ぶ仕組みになっています。ただ、予約受付代行の業者の中にはそれ以上長い時間電話の前で待機させることも可能になります。その分料金はかかりますが、ある程度自由に時間が設定できる点は魅力的といえるでしょう。インターネットの場合は、24時間365日予約対応してくれます。そのため、わざわざコールセンターの方で24時間対応にする必要性は低いといえます。コールセンターを選ぶ場合には、人数を選ぶことが可能です。頻繁に予約の電話がかかって来る場合には、1人ではなく2人ないしは3人配備させておくことでスムーズに電話対応することが可能になります。時間帯によっても、人数を増やしたり減らしたりすることができるところもありますので、まずは業者に相談してみるのがよいです。

広告募集中